私のカート (0)

Phone
080-3032-6526
Mail
auratier.info@gmail.com
Information

10am-5pm

Map

〒651-1515 兵庫県神戸市北区上津台3-14-15

〒651-1515 兵庫県神戸市北区上津台3-14-15

10am-5pm

オーラティエのこだわり
·

オーラティエのこだわり

·

こんにちは!

AURATIERプレスの凛と申します!

 

今回は、AURATIERの洋服に対するこだわりをお伝えしようと思います。

 

 

AURATIERの最大のポイントは、

デザイナーMOTOKOは、服飾の勉強をしたことがないというところから起因します。

 

ポイントは3つ

 

MOTOKOのお母さんが、オーダーメイドのテーラーさんだったことから、小さな頃から沢山の布地に触れてきました。

 

小さな娘にお母さんは、布地の素材の良し悪しをコンコンと語ったそうです。

そんな経験から布へのこだわりが並大抵ではありません。

 

普通デザイナーは、洋服のデザインを決めてから、そのデザインに合う布を探します。

MOTOKOはその逆。

 

【ポイント1】

布地にインスピレーションが降りてきて、この布で服を作りたいからデザインを考えます。

 

だから、着心地が抜群にいい!!

 

【ポイント2】

MOTOKOは自分で服を作れないので、

理想を追い求めます。 

 

 

 

普通、服を作った経験があれば、あれは出来ない、これはコストがかかる、制限していきます。

 

だけど、MOTOKOはそれがない。

 

何が出来て何が出来ないのかがわからないから、出来るまで追求する。出来る人を探す。

 

だから、出来た物に対する愛情がすごい!!

その愛情は布をつたって、お客様に伝わります。

 

【ポイント3】

細部にこだわるところ。

 

これもまた、普通のアパレルメーカーでは、コストを考えて、自分のブランドの価格帯から原価を考えます。

 

その中で使える布地、ボタンや付属品などが選ばれます。

 

だけど、MOTOKOは相場を知らない。

 

だから、このボタンが使いたい!と思ったら使う笑

 

 

 

MOTOKOの原動力は、

『自分がワクワクするものを作りたい』

 

だから、試着をすると、温かい柔らかいなんとも言えない気持ち良さと、エネルギーを感じます。

 

布には、人の想いが宿ります。

料理も愛情を込めて作ると、格段に美味しく感じるように、洋服も愛情が伝わります。

 

私はAURATIERの服に出会い、服から愛が伝わることを実感しました。

 

 

凛とした強さの中に、女性らしい柔らかさやたおやかさを感じる服。

 

それは、

シャープな細身のライン、鮮やかなカラー使いが女性らしい強さを、

 

また、しなやかな柔らかく、かつ程よいハリのある素材を使うことで、女性の優しさ艶やかさを表現しています。

 

ぜひ、AURATIERの服を手に取ってみてくださいね!